第5回ロコモペングループ学術大会に参加をしてきました。

臨床につながる解剖や研究の話は、日々の業務に疑問を投げかける大変興味深い内容ばかりでした。

そして、聞くばかりでなく臨床の私たちも、しっかりと科学的考え方をみにつけ、1人1人がデータの重要性を認識し、発信していかなくてはならないと実感しました。

日々の業務に追われていることを理由にしてはいけないと・・・・。