アディポカインというホルモンをご存じですか?

脂肪細胞から産生・分泌される様々な生理活性物質の総称のことです。このアディポカインが
肥満になると分泌されて、悪さをしているということが近年わかってきました。

肥大化した脂肪細胞が分泌するレプチン、レジスチンなどの生理活性物質(これらをアディポサイトカイン、あるいはアディポカイン)、また、それらが誘導するIL-6、TNF-αなどの生理活性物質(炎症性サイトカイン)が生成されるのが原因です。
肥満になると、体重が増えるのでそのぶん腰に負担がかかるのではないかと考えられることもありますが、それ以上に、脂肪細胞(内臓脂肪)が分泌する物質が悪さをしている可能性が指摘されています。

内臓脂肪が蓄積した状態を内臓肥満といいますが、内臓肥満がある場合はアディポサイトカインの分泌異常が生じており、「インスリン抵抗性」(インスリンの標的臓器(骨格筋、脂肪組織、肝臓)において、その作用効率が低下している状態)を亢進し、全身的な炎症に関与しているということがわかってきました。

また、アディポサイトカイン(アディポカイン)は、糖尿病、高脂血症、高血圧の発症につながり、これらがリスクファクター群となって動脈硬化性心疾患を引き起こしていることも明らかになってきました。

肥満が物理的なストレスと心理的ストレスに加えて実は、軽微な慢性炎症も関与している可能性があるのです。